多古町の主な農産物

 多古米コシヒカリ


 多古町は昔から良質米産地として知られ、江戸時代に食味のよさから幕府に献上されたと言い伝えられ、平成2年には日本の米づくり100選にも選ばれています。(農業新聞編)

 粘土質な多古町の水田地帯は、太古の昔、湖があったとされ、魚介類など有機物が堆積した肥沃な土壌が多古米の美味しさを支えています。

 私達、生産者はその肥沃な土壌から生まれた「多古米」を誇りにし、先祖伝来、米とともに生きてきた水田をしっかりと受け継ぎ、一粒、一粒、思いを込めて作りあげました。

 やまといも

 

 

やまといもの取り扱い

 ・やまといもは呼吸しています。真空パックの封を切って湿気を保つように新聞紙等
で包み冷蔵庫(1~2℃)で保存してください。

 ・やまと芋の皮は、薄くやわらかいのでスプーンで簡単にむけます。

 ・手のかゆみは酢水やレモン汁で洗い流すと取れます。

 さつまいも

 


さつまいもの保存のしかた

 ・13~15℃が適温です。

 ・直射日光の当たらない場所で新聞紙等に包んで保存してください。

 ・冷蔵庫では保存しないでください。 12℃以下ではいもが傷みやすくなります。

多古町の農産物販売カレンダー

レシピ


 やまといものだんご鍋